HOME > 臨床医学一般/薬物療法 > わかりやすい輸液と輸血

書籍詳細

「輸液」と「輸血」の基本が1冊でマスターできる本!

わかりやすい輸液と輸血

安全な輸血と臨床に即した輸液をマスターする

わかりやすい輸液と輸血
著者

小山 薫
間藤 卓
大久保 光夫
定価 5,400円(税込)(本体 5,000 円+税)
B5判  216ページ  
2010年2月22日刊行
ISBN978-4-7583-0028-5
内容紹介
執筆者は麻酔科,救命救急科,輸血部の臨床医でもあり教育者である3人の先生方で,実践的な知識を提供するとともに,わかりやすさに重点を置いた記述となっている。
項目の最初に,「ポイント」と「対象となる疾患・病態」を記載し,内容が即座にわかる構成で,表や図を多用し,文章は簡潔に記述することで,すばやく理解できるよう工夫されている。背景となる状況や知識を「Background」として記し,さらに「Side Memo」欄を設けて,用語解説やアップデートな内容を記述している。用法・用量は,製品名を用いて具体的に記述し,輸液と輸血の連携や安全対策について記述された部分にはマークを付け強調されている。
研修医からの質問と指導医からの答えも掲載し,初心者が知りたい内容が確実に理解できる構成となっている。
関連するお勧め書籍

序文


目次