HOME > 医学一般 > 暴言・暴力・セクシャルハラスメント対処法

書籍詳細

医療現場で実際に起こった諸問題を検証し,適切な「医師-患者」関係を保つための対応策がつまった1冊

医療現場のイエローカード

暴言・暴力・セクシャルハラスメント対処法

愛知県医師会の事例調査から

暴言・暴力・セクシャルハラスメント対処法
編集 愛知県医師会
監修


妹尾 淑郎
柵木 充明
川原 弘久
牧 靖典
定価 3,780円(税込)(本体 3,500 円+税)
A5判  188ページ  2色
2009年9月25日刊行
ISBN978-4-7583-0031-5
内容紹介
近年の医療崩壊の一つにあげられる暴言・暴力/セクシャルハラスメントは,「医師-患者関係」が変化してきていることを物語っている。本書は,そのような世相において,愛知県医師会で実施されたアンケート調査を基に,実際に愛知県医師会で行われている取り組みをまとめたものである。
I章ではアンケート調査結果を全国調査の結果と比較するなど,最近の動向についてを,II章では実際に医師会に寄せられた事例を,「暴言」「暴力」「セクシャルハラスメント」の3つに分けて内容紹介し,問題が起こった際にとられた対処方法や発生要因を述べ,さらにコメントとして,それらの行為が適切であったかどうかを後から検証している。III章では,そういった問題が起こった際にとるべき対応策を様々な角度から検討し,今後に向けた課題を提示している。
どの医療機関でも本書に取り上げられたような事例は経験があると思われる。そのような事例を法律の専門家も交えながら検証した,医療従事者必読の一冊である。

序文



目次