HOME > 基礎医学関連 > 補体への招待

書籍詳細

補体学の最新知見を網羅した待望の“成書”。さまざまな領域で必要とされる「補体の知識と未知なる魅力」を探して、補体の扉を開けてみよう!

補体への招待

補体への招待
編集

大井 洋之
木下 タロウ
松下 操
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
B5判  232ページ  
2011年4月21日刊行
ISBN978-4-7583-0038-4
内容紹介
補体は生体防御を担う自然免疫として存在し、外界からの微生物などの侵入に対し敏感に反応しているが、様々な要因により生体に不利に働き疾患に関与してしまうこともある。その意味で、補体などの生体防御機構は両刃の剣である。
本書では、近年の補体研究の進展により得られた新たな知見を加味した補体の知識を、基礎編と臨床編の2部構成で提供している。とりわけ臨床編では、補体異常の評価法から始まり、2001年に診断と治療の考え方のガイドラインができ、新しい治療薬も登場した「HAE(遺伝性血管性浮腫)」や「夜間発作性ヘモグロビン尿症(PNH)」などの補体成分欠損が関与する疾患を含め、IgA腎症、膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)、溶血性尿毒症症候群(HUS)や、血液透析、虚血性疾患、加齢黄斑変性、SLEなど、幅広く関連する疾患や病態を取り上げている。
本文以外に、掲載に関連したアレルギーや免疫の情報をコンパクトにまとめた「Side-memo」が内容を補完している。

序文


目次