HOME > 医学生向け > 講義録  血液・造血器疾患学

書籍詳細

血液・造血器の基礎から臨床的症候までを理解し治療に結びつけられるよう,必要かつ十分な構成でまとめた医学生の必携書

講義録

血液・造血器疾患学

血液・造血器疾患学
編集

小澤 敬也
直江 知樹
坂田 洋一
定価 5,940円(税込)(本体 5,500 円+税)
B5変型判  340ページ  2色(巻頭カラーページあり)
2008年10月31日刊行
ISBN978-4-7583-0073-5
内容紹介
 本書は「モデル・コア・カリキュラム」をもとに構成している。
 巻頭には医学生の学習に役立つ略語一覧,検査所見のカラー写真を掲載した。I章では血液・造血器を深く知るための基本を取り上げ,II章では疾患別に原因,症状,治療などを解説している。また,イラストを本文中に適宜挿入し,血液の凝固過程など微小なメカニズムをわかりやすく解説している。
 本文の内容に関連した基礎知識は「Basic point」と題した囲み記事で,臨床現場の最新情報や最近注目されている研究発表など学生にとってレベルの高い内容を「Level up View」として載せている。さらに欄外に「SideMemo」を載せ,本文と対比しながらKey Wordや重要語句の解説を確認できるようにしている。各項目の末尾には「Self Check」を設け,覚えておくべき重要ポイントを箇条書きにして掲載している。
 医学生が入学してから卒業するまで利用でき,講義の予習復習や試験の学習に活用できる内容となっている。

序文


目次