HOME > 循環器 > 新 目でみる循環器病シリーズ 2 心エコー図

書籍詳細

循環器日常診療に必須の心エコー検査の知識をお手元に

新 目でみる循環器病シリーズ 2

心エコー図

撮る,診る,読む

心エコー図
編集 赤石 誠
定価 10,260円(税込)(本体 9,500 円+税)
B5判  304ページ  2色(一部カラー)
2006年1月6日刊行
ISBN978-4-7583-0124-4
内容紹介
 本書は日常循環器診療において広く利用され,不可欠な検査方法となっている心エコー図について,「撮る」「診る」「読む」の各項目を設けて解説している。
 「撮る」の章では最低限の原理,原則を理解し,機械の限界をわきまえて,心エコーをとれる腕を学べるようにとの意図から解説。
 「診る」の章では,今までM−モード,断層エコー,ドプラ法という切り口で考えられていたエコーを,機能評価,流れの評価という視点に変え,漠然と理解していた心機能を血行動態,左室収縮機能,拡張機能という視点から解説することにより,知識の整理が容易になるように工夫した。疾患別の各論は,検査室で頻度多く遭遇する状況を念頭において,心エコーを検査する場合に必要な知識,考え方を中心にまとめている。
 さらに「読む」では,依頼主の一歩先を行き,魅力あるレポートが書ける心エコーにするための章として構成した。
序文


目次