HOME > 循環器 > 新 目でみる循環器病シリーズ 21 循環器病の薬物療法

書籍詳細

循環器の薬物療法を究める

新 目でみる循環器病シリーズ 21

循環器病の薬物療法

循環器病の薬物療法
編集 齋藤 宗靖
定価 10,260円(税込)(本体 9,500 円+税)
B5判  376ページ  2色
2006年1月6日刊行
ISBN978-4-7583-0143-5
内容紹介
 製薬メーカーの開発により,新薬が次々と開発され,それに伴い,治療法自体が変化してきている分野も少なくない。本書では時代の流れに対応し,「循環器疾患の薬物療法−最近の趨勢」の章を設け,循環器疾患における薬物療法全体の流れをまず総論的に執筆いただき,「循環器治療薬剤−分類・作用機序と臨床応用」にて,分類・作用機序については薬理学関係の権威の先生方に,各疾患ごとの応用についてはその道の循環器臨床医の権威の先生方にご執筆をお願いし,薬理学から臨床応用までを図表を多用し,わかりやすく解説した。

序文


目次