HOME > 内分泌・代謝/糖尿病 > 糖尿病合併症診療の実際

書籍詳細

チーム医療を実践している東京女子医大「糖尿病センター」だからこそ1冊にまとめることのできた合併症診療の実際

東京女子医科大学糖尿病センター編

糖尿病合併症診療の実際

症例から学ぶ治療最前線

糖尿病合併症診療の実際
監修 岩本 安彦
定価 7,560円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5判  256ページ  2色(一部カラー)
2009年2月13日刊行
ISBN978-4-7583-0163-3
内容紹介
2006年に刊行された「糖尿病診療の実際」の姉妹書である。
東京女子医大は,「糖尿病センター」を擁し,1つのセンターですべての合併症に対応するチーム医療を実践している。他科との連携が特に重要となる糖尿病診療において,そのような先進施設から学ぶことは多い。
本書では,糖尿病の進行に伴って全身多岐にわたりに発症する合併症を,先進施設である女子医大「糖尿病センター」において経験されたもの基に,部位別に紹介し,合併症発症原因や発症に至った経過などを解説している。
関連するお勧め書籍

序文


目次