HOME > 循環器 > Q&Aでやさしく学ぶ心臓CT

書籍詳細

これから心臓CTを始めようとする方へ最適の1冊

Q&Aでやさしく学ぶ心臓CT

Q&Aでやさしく学ぶ心臓CT
監修
児玉 和久
栗林 幸夫
編集


平山 篤志
佐藤 裕一
陣崎 雅弘
小松 誠
定価 5,940円(税込)(本体 5,500 円+税)
B5判  160ページ  2色(一部カラー)
2009年3月16日刊行
ISBN978-4-7583-0189-3
内容紹介
近年循環器診断の中心を占めてきた心臓カテーテル検査を凌駕するものとして心臓CT(MDCT)が脚光を浴びている。急速な技術革新は64列CTにとどまるところなく320列CTなど次世代CTも発表され,診断的心臓カテーテル検査は心臓CTにまさに置き換わろうとしているのではないかといわれている。
64列CTが全国に普及し,第一線の循環器医師,放射線科医師だけでなく,開業医,一般内科医,研修医といったレベルまで広く診断の方法として定着すると考えられている。しかしながら,まだその撮影,解析,解釈といった技術力に加え,ある程度の放射線科的知識と循環器的知識が必要であるため,その知識が不完全であることが多く,基本的知識を平易に解説した書物が望まれていた。
本書では,平易に解説されている書籍の少ない心臓CTの撮影,解析,ガイドラインなどの基本事項を全国の初心者のレベルの方々まで平易に理解できるようにQ&A方式にて構成し,本書を一読すれば自然と基本的知識が網羅的に理解されるような内容とした。
関連するお勧め書籍

序文


目次