HOME > 循環器 > 心疾患と妊娠・出産

書籍詳細

心疾患をもった女性の妊娠・出産における情報が満載の1冊!

心疾患と妊娠・出産

心疾患と妊娠・出産
監訳 丹羽 公一郎
翻訳




池田 智明
神谷 千津子
赤木 禎治
川副 泰隆
立野 滋
丹羽 淳子
定価 7,020円(税込)(本体 6,500 円+税)
A5変型判  344ページ  2色
2010年12月20日刊行
ISBN978-4-7583-0206-7
内容紹介
イギリスで刊行され,話題となった「Heart Disease and Pregnancy」の翻訳本。わが国でも心疾患をもった女性の妊娠・出産が年々増加しているが,本分野の専門家は非常に少なく,本分野に関する成書もない。そのため,妊娠・出産が可能であるにも関わらず避妊を奨められたり,妊娠・出産が危険であるにも関わらず妊娠し,重大な合併症を生じることも少なくないのが現状である。
心疾患をもった女性の多くは一般的に妊娠・出産が可能とされているが,心血管系の合併症を認め,妊娠中の治療が必要なこともあり,流産や低出生体重児の頻度が高いとされている。また,中等度リスク以上の疾患においては,産科,循環器科,麻酔科,看護師などの緊密な協力体制と妊娠前カウンセリングが不可欠である。
そこで本書では,心疾患をもった女性の妊娠・出産における各国のスペシャリストがその日々の臨床で蓄積した情報を余すところなく掲載している。わが国の今後の心疾患女性の妊娠・出産の増加を考えると,必須の1冊である。
序文


目次