HOME > 外科一般 > 外科医のための循環器必須知識

書籍詳細

手術時に外科医が必要な循環器知識をコンパクトに掲載。1冊あれば困りません

外科医のための循環器必須知識

外科医のための循環器必須知識
編集 吉野 秀朗
定価 5,400円(税込)(本体 5,000 円+税)
A5判  308ページ  2色(一部カラー)
2011年9月16日刊行
ISBN978-4-7583-0211-1
内容紹介
高齢化が進み各科手術の適応年齢が年々上昇している現在,手術時に循環器領域の疾患を併発している患者が増えている。さらに手術手技,術後管理技術の向上により,手術適応となる患者数も増加しており,非心臓手術実施時に循環器の知識が必須となってきている。また,患者のリスク評価(1 全身麻酔に対するリスク,2 術後に予想される合併症に対するリスク,3 疾患の程度や手術の大きさに対するリスク)が,手術を成功させ周術期の合併症を予防するために非常に重要である。
しかし,現在多くの若手医師が専門分野に特化して研修を行っているため,手術時にリスク評価ができない医師が増えている。また,多くの若手外科医にとって手術時に必要である循環器の知識を身につける体制も病院内で整っていないのが現状である。さらに,本来生死にかかわらない手術の際にも,心血管疾患の合併患者が心不全や心筋梗塞を併発する例も増加しており,近年,医療訴訟も頻発している。このため,現場の医師が過剰な検査を行い,必要な手術を中止する,循環器内科医へ簡単な判断に対しても意見を仰ぎ,判断が遅れる等,さまざまな問題が出てきている。
そこで本書では,手術時に外科医が欠かすことができない必須知識を網羅して解説する。手術前,手術中の注意点,各科ごとの手術時の必須知識を身につけることは若手外科医のみならず,各科の若手医師にとって重要である。

序文


目次