HOME > 精神・神経 > 精神科臨床ニューアプローチ 2 気分障害

書籍詳細

気分障害の診断治療に携わる臨床家諸氏の座右の書

精神科臨床ニューアプローチ 2

気分障害

気分障害
担当編集委員 朝田 隆
定価 6,480円(税込)(本体 6,000 円+税)
B5判  192ページ  2色
2005年3月22日刊行
ISBN978-4-7583-0227-2

■監修
上島国利

■編集委員
上島国利/市橋秀夫/保坂 隆/朝田 隆

内容紹介
 精神科臨床における中核疾患のひとつである「気分障害」について,実践性を重視して,同時に新卒後研修における精神科の必修化・専門医制度のスタートに鑑み,最新の知見をすっきりとまとめた。
 I章では,DSMシリーズの普及など歴史的背景を踏まえながら,現代の気分障害の概念をまとめた。II章では,数々の治療について最新の情報が紹介されている。エビデンスを重視してのレビューやガイドラインの記載はもちろんのこと,ナラティブな観点も随所に示され,まさに実践性が備わった治療リファレンスの章に仕上がっている。さらに気分障害の今日的課題と題したIII章では,専門医レベルで求められるような現代のうつ病臨床におけるミニマムリクワィアメントをオムニバス形式でまとめた。
 簡潔で明快な本文のほか,「用語解説」や「有用なURL」「外来でのエピソード」などの欄外記事も充実。
序文



目次