HOME > 精神・神経 > 精神科臨床ニューアプローチ 7 児童期精神障害

書籍詳細

児童期・思春期の子どもの精神医学を理解するのに最適な一冊

精神科臨床ニューアプローチ 7

児童期精神障害

児童期精神障害
担当編集委員 保坂 隆
定価 6,480円(税込)(本体 6,000 円+税)
B5判  176ページ  2色
2005年9月29日刊行
ISBN978-4-7583-0232-6

■監修
上島国利

■編集委員
上島国利/市橋秀夫/保坂 隆/朝田 隆

内容紹介
近年,児童期および思春期の子どものメンタル・ヘルスへの社会的関心が高まり,児童・思春期を対象とした精神科医療機関の受診者も著しく増加している。精神科と小児科にまたがり専門的に携わろうとする精神科医や小児科医は少数であったが,最近,この分野の外来機能をもたせた医療施設が大学を中心に徐々に増加しつつある。
本書は,精神科医より小児科医やプライマリ・ケア医ががまずこのような子どもたちに接する可能性の高いわが国の現状を踏まえ,この分野の基本的な診断・評価基準や治療体系の標準的な情報を中心に解説している。精神科医だけではなく小児科医やプライマリ・ケア医など,これから児童期の精神医学に携わろうとする読者に正に最適の一冊である。

序文


目次