HOME > 精神・神経 > 精神科臨床ニューアプローチ 8 睡眠障害・物質関連障害

書籍詳細

「睡眠障害・物質依存」に関わる疾患や診断のポイント・具体的な治療法など縦横無尽に解説された臨床に役立つ1冊

精神科臨床ニューアプローチ 8

睡眠障害・物質関連障害

睡眠障害・物質関連障害
担当編集委員 上島 国利
定価 6,480円(税込)(本体 6,000 円+税)
B5判  260ページ  
2006年2月28日刊行
ISBN978-4-7583-0233-3

■監修
上島国利

■編集委員
上島国利/市橋秀夫/保坂 隆/朝田 隆

内容紹介
本書では,現代社会において,日常生活に大きな影響を与えることで話題となる2つのテーマ「睡眠障害」および「物質依存」について,その最新のトピックスから,診断のポイント,具体的な治療法,それらの障害に関係する疾患別の治療の実際,など縦横無尽に解説している。
まず,「睡眠障害」では,昼夜を問わず活動し続ける24時間社会とも呼ばれる現代社会を反映した深夜労働や交代勤務への就労者に起こりやすい不眠や睡眠不足,概日リズム障害による身体などへの影響,また過眠や睡眠時随伴症について取り上げ,それらの診断法について解説している。治療法では「薬物療法」として鍵となるベンゾジアゼピン系の特徴,用い方を中心に,「薬物以外の方法」としては高照度光療法や認知行動療法,精神療法などについても述べ,先出の障害をさらに細分化し疾患別での治療の実際についても記述している。
「物質依存」では,物質依存のメカニズムを心理社会的側面および生物学的側面から捉えることで診断のポイントを理解できるようにしている。アルコール,覚醒剤,有機溶媒,大麻,鎮咳剤といった依存症のみならず,衝動抑制の障害として病的賭博も含め「現代社会の依存症」に対応した。
「睡眠障害」では「睡眠障害の診断・治療ガイドライン」を,「物質依存」では「関連法規」を項目に加え,より臨床での実用性を考慮した構成立てとした。

序文


目次