HOME > 老人医学 > 抗加齢ドックの実際

書籍詳細

「抗加齢ドック」がサポートするサクセスフル・エイジングのための指南書

抗加齢ドックの実際

動脈硬化と闘うために—愛媛大学医学部附属病院抗加齢センター編

抗加齢ドックの実際
監修 三木 哲郎
編集 伊賀瀬 道也
著者
小原 克彦
田原 康玄
定価 3,888円(税込)(本体 3,600 円+税)
B5判  156ページ  2色(一部カラー)
2009年2月2日刊行
ISBN978-4-7583-0299-9
内容紹介
愛媛大学附属病院では国立病院初の「抗加齢センター」を2006年に開設した。「抗加齢ドック」は抗加齢センターの中心となる事業である。人間ドックといえば「がん」対策が大きな目的であるが,「抗加齢ドック」では動脈硬化,動脈硬化性疾患などの対策に特化し,暦年齢より若々しく豊かで質の高い「サクセスフル・エイジング」の実現を目指している。本書では愛媛大学抗加齢センターにおける,実際の検査・診断法などを紹介し,抗加齢ドックの役割を示した書である。

序文


目次