HOME > 消化器内科 > 炎症性腸疾患のすべて

書籍詳細

臨床医のための

炎症性腸疾患のすべて

潰瘍性大腸炎,クローン病の最新治療戦術

炎症性腸疾患のすべて
編集 高添 正和
定価 10,780円(税込)(本体 9,800 円+税)
B5判  368ページ  一部カラー
2002年9月27日刊行
ISBN978-4-7583-0305-7
内容紹介
 過去10年間の研究の急進により,炎症性腸疾患の知見はおおいに広がりをみせた。治療に関しては新しい知見を基に合理的に行われるようになった。
 本書は,このような最新の知見を背景に潰瘍性大腸炎・クローン病の診断・治療のポイントを消化器病診療に携わる一般臨床医に簡潔に解説し,合わせて患者や家族の苦痛と衷情を考慮した医療の実践のための解説書である。
(1)炎症性腸疾患の診断・治療法を具体的に解説(「診断のポイント」「治療のポイント」を強調)。できること・できないこと,わかっていること・わからないことを明確にし,実地診療に必要な項目のみを具体的に解説。
(2)疾患自体の解説は最新の知見を基に,診断・治療に必要な最小限におさえる(他書に譲る)。
(3)現在行っている治療を解説する。
(4)患者側からの質問を想定してQ & Aなどを設ける。

序文



目次