HOME > 呼吸器 > 呼吸器感染症診療ガイダンス

書籍詳細

Q&Aと症例で,あらゆる呼吸器感染症を分かりやすくガイドする

呼吸器感染症診療ガイダンス

呼吸器感染症診療ガイダンス
編集

金澤 實
前崎 繁文
高柳 昇
著者 叶内 哲
定価 7,344円(税込)(本体 6,800 円+税)
B5変型判  260ページ  2色(一部カラー)
2005年12月19日刊行
ISBN978-4-7583-0321-7
内容紹介
 かぜや肺炎などの呼吸器感染症は,臨床医にとって最も一般的な疾患である。にもかかわらず,患者はときに重篤な状態に陥り,高齢者のみならず健常者においても致命的になりうる。実際,肺炎の罹患率・死亡率ともに高く,わが国の疾患別死亡統計をみても肺炎が死因の上位にあり,呼吸器感染症の臨床では,適切な診断と迅速な治療が求められる。
 本書では,最も呼吸器感染症の診療にあたる可能性が高いと考えられる一般内科医,開業医,呼吸器内科研修医,またコメディカルスタッフを対象に,呼吸器感染症のメカニズムから予防,治療,また最新の話題まで,呼吸器感染症についてQ&A形式を中心に症例も取り入れながらわかりやすく解説する。

序文


目次