HOME > 呼吸器 > 睡眠呼吸障害診療のポイント

書籍詳細

睡眠呼吸障害はココから知る,学ぶ,診る,看る!

ココから学び始める!

睡眠呼吸障害診療のポイント

睡眠呼吸障害診療のポイント
監修 栂 博久
編集 高橋 昌克
定価 3,780円(税込)(本体 3,500 円+税)
B5判  112ページ  2色
2006年5月16日刊行
ISBN978-4-7583-0326-2
内容紹介
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は,いまやcommon diseaseとして認識され,死の四重奏などの合併症を引き起こす恐ろしい疾患である。本書は,各科にわたる知識が必要とされている睡眠呼吸障害について,合併症までを含めてわかりやすく解説しており,研修医や若手医師に最適の一冊である。
また,SASの診療に際し大きな意味を持つPSG(終夜睡眠ポリグラフ)をはじめとする睡眠検査の際に,患者に対して直接指導にあたるのが看護師,検査技師などであり,CPAP(経鼻的持続気道陽圧呼吸療法)を行う患者のケアにも関わっているが,本書はSASの基本的な知識とPSGなどの睡眠検査の意義,実際の手技が実践的に解説されており,コメディカルスタッフにもお勧めのガイドブックである

序文


目次