HOME > 消化器外科 > 消化器内視鏡外科手術ベーシックテクニック

書籍詳細

出血や他臓器損傷を生じさせないためのベーシックな消化器内視鏡外科手術手技

消化器内視鏡外科手術ベーシックテクニック

消化器内視鏡外科手術ベーシックテクニック
編集 北野 正剛
編集幹事 白石 憲男
定価 15,120円(税込)(本体 14,000 円+税)
A4判  204ページ  上製,オールカラー,イラスト370点
2008年1月29日刊行
ISBN978-4-7583-0335-4
内容紹介
消化器外科手術は患者への負担を軽減すべく,開腹手術から内視鏡手術へとそのアプローチ法を変えつつある。現在,かなりの手術が内視鏡手術で行えるようになってきている。しかし,内視鏡手術は術野(手術操作をしている術野ではなく,それを映し出すモニタを見ての操作),使用器具が開腹手術とは大きく違っており,手技習得には開腹手術より多くの時間が必要とされる。
本書は内視鏡手術初心者の消化器外科医に向け,安全な手術(出血や他臓器損傷を生じない手術)のためのベーシックな手技をマスターできる手術書として刊行する。

序文


目次