HOME > 内分泌・代謝/糖尿病 > 日本医師会生涯教育シリーズ  糖尿病診療2010

書籍詳細

新しい診断基準に基づいた早期診断・早期治療・専門医との連携を中心とした,糖尿病診療にかかせない1冊

日本医師会生涯教育シリーズ

糖尿病診療2010

糖尿病診療2010
監修
岩本 安彦
門脇 孝
編集



渥美 義仁
稲垣 暢也
加来 浩平
春日 雅人
羽田 勝計
定価 5,940円(税込)(本体 5,500 円+税)
B5判  352ページ  2色(一部カラー)
2010年11月22日刊行
ISBN978-4-7583-0347-7
内容紹介
日本医師会生涯教育シリーズ79を単行本化。増え続ける糖尿病患者に対してどのように対処していくべきか。
本書では,まず,I章で本年7月に改訂された糖尿病の新しい診断基準を中心として,糖尿病へのアプローチ法について述べた。次にII章では重篤な合併症を引き起こさないための早期治療に重点を置いて,食事・運動・薬物療法を解説している。
III章では,生命予後やQOLに影響を及ぼす糖尿病合併症について紹介し,糖尿病治療において今後ますます重要となってくるかかりつけ医と専門医との連携について述べている。さらにIV章では,日本医師会や日本糖尿病学会などが取り組んでいる糖尿病対策について,介入試験などの最新情報を紹介している。
糖尿病に関するすべての最新情報を網羅した1冊である。
関連するお勧め書籍

序文


目次