HOME > 循環器 > 新しい血圧測定と脈波解析マニュアル

書籍詳細

中心動脈,PWV,ABIなど,新しい臓器障害のパラメータの理論と実際をわかりやすく解説

新しい血圧測定と脈波解析マニュアル

新しい血圧測定と脈波解析マニュアル
監修 小澤 利男
編集 臨床血圧脈波研究会
定価 5,940円(税込)(本体 5,500 円+税)
B5変型判  256ページ  2色
2008年6月19日刊行
ISBN978-4-7583-0355-2
内容紹介
2007年ESH-ESC高血圧ガイドラインにおいて,臓器障害の新たな評価項目としてPWV(脈波伝播速度),ABI(足関節/上腕血圧比)が採用された。本書は,このPWV,ABIを初め,新しいパラメータである中心血圧やAI(Augmentation Index)について,基礎から臨床への応用までわかりやすく解説したマニュアルである。基礎編では,PWV,AIとは何かといった理論やその測定法を,応用編では,治療効果判定や生活習慣の改善チェックなど,臨床でどのように応用できるかを解説しており,これ一冊で新しい血圧測定と脈波解析が理解できる内容となっている。

序文


目次