HOME > 癌・腫瘍 > 消化管がんPractical Treatment

書籍詳細

消化管がん治療の疑問に役立つさまざまな考え方が満載!

ガイドラインには載っていない

消化管がんPractical Treatment

消化管がんPractical Treatment
編集



山田 康秀
岩佐 悟
本間 義崇
高島 淳生
沖田 南都子
定価 5,616円(税込)(本体 5,200 円+税)
B5判  300ページ  2色
2014年7月22日刊行
ISBN978-4-7583-0373-6
内容紹介
抗がん剤治療において,ガイドライン通りの治療では対処できない場合が往々にしてみられる。本書は合併症・基礎疾患をもつ患者,臨床試験がほとんど実施されていない対照群など,エビデンスの乏しい大腸がん,胃がん,食道がん,GIST患者に対する治療について,一般病院での治療の疑問に対してがん薬物療法医がどう対処し,治療するかを詳しく解説している。
各項目は「point」のほか,相対する考え方がある場合に両論を併記し「pros」「cons」のアイコンでわかりやすく論点を整理。化学療法に手術療法や放射線療法を加えた集学的治療を掲載し,化学療法だけではない治療全般にも対応する。
「消化器,がん,化学療法」に関連するお勧め書籍

序文


目次