HOME > 癌・腫瘍 > 肝胆膵がんPractical Treatment

書籍詳細

肝胆膵がん治療の疑問解決に役立つエキスパートの考え方を満載!

ガイドラインには載っていない

肝胆膵がんPractical Treatment

肝胆膵がんPractical Treatment
編集



古瀬 純司
石井 浩
奥坂 拓志
山口 武人
山下 竜也
定価 5,400円(税込)(本体 5,000 円+税)
B5判  256ページ  2色(一部カラー)
2015年3月24日刊行
ISBN978-4-7583-0374-3
内容紹介
肝胆膵がんの治療においては,ガイドライン通りでは対処できない場面に遭遇し、どう治療すべきか迷うことが少なくない。本書では、ガイドラインだけでは対応できないさまざまな臨床上の疑問に対し,エキスパートはどのように考え、どう治療しているかを解説した。合併症がある場合の考え方や、どちらの治療・レジメンを選ぶべきか迷うときの考え方、リスクとベネフィットを考慮した副作用対策・減量の考え方など、エビデンスが少ない部分についてもできるだけ具体的に詳しく解説した。治療について有用な点・限界がある点を両論併記(pros and cons)し,治療方針を決定するうえで専門医が重視しているポイントがわかるようになっている。新規レジメン・薬剤にも対応。
序文


目次