HOME > 精神・神経 > 神経内科外来シリーズ 2 パーキンソン病外来

書籍詳細

ガイドラインに基づくパーキンソン病治療を、Case Studyをとおして学べる1冊

神経内科外来シリーズ 2

パーキンソン病外来

パーキンソン病外来
担当編集
山元 敏正
高橋 一司
定価 7,560円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5変型判  276ページ  2色(一部カラー)
2016年2月22日刊行
ISBN978-4-7583-0383-5

■総編集
荒木信夫

内容紹介
神経内科医が接する機会の多い神経疾患(頭痛、認知症、パーキンソン病、てんかん、脳卒中)の外来診察に必要なノウハウを、シェーマ、フローチャートなどを多用しコンパクトにまとめて解説しているシリーズ。
今回は、「パーキンソン病」を取り上げる。超高齢社会をむかえ、パーキンソン病患者は増えつつあり、今後外来でも診療の機会が増えていくと考えられる。外来で必要な基本的知識、外来の基本的な流れを解説した後、パーキンソン病のさまざまな症状に対する治療をCase Studyをとおして学べるようになっている。また合わせてガイドラインに基づく治療が身につけられるようにした。パーキンソン病外来の基本が身につく1冊である。

序文


目次