HOME > 研修医向け > 臨床推論集中講座 胸痛

書籍詳細

どんな場面にも応用できる本当の臨床推論能力を身につけよう。もう「胸痛」は怖くない!

病歴聴取でここまでわかる

臨床推論集中講座 胸痛

臨床推論集中講座 胸痛
総監修 山本 文雄
監修
伊藤 宏
尾野 恭一
監修・編集 長谷川 仁志
定価 5,184円(税込)(本体 4,800 円+税)
B5判  264ページ  オールカラー,イラスト150点,写真80点
2017年3月27日刊行
ISBN978-4-7583-0398-9
内容紹介
患者が病院に訴えてくるのは「症状」である。1つの科にこだわって画一的な診断をしようとすると思わぬ落とし穴にはまることがある。また,緊急を要する疾患をすばやくスクリーニングするためにも,「症状」を中心とした鑑別診断を行う能力は必須である。
本書は外来で最も多い主訴である「胸痛」をテーマにした「臨床推論」を学ぶための1冊である。まず「総論」で胸痛のメカニズム(病態生理)や検査といった基本事項を解説。さらに「各論」において多くの症例シナリオおよび各疾患の鑑別基準となる8つのポイントを紹介し,豊富なイラストや写真をあわせて示し,理解しやすい内容となっている。
一口に「胸痛」といっても器質性疾患から心因性疾患まで幅広い。本書を,読んで教科書的な診断ではない「本当の臨床推論能力」を身につけてほしい。
関連するお勧め書籍

序文


目次