HOME > 臨床医学一般/薬物療法 > 旅行医学質問箱

書籍詳細

海外に旅行する患者さんにエビデンスに基づく適切なアドバイスを!

旅行医学質問箱

旅行医学質問箱
編集 日本旅行医学会
編集代表 篠塚 規
定価 4,968円(税込)(本体 4,600 円+税)
B5判  336ページ  2色,写真60点
2009年3月27日刊行
ISBN978-4-7583-0422-1
内容紹介
国際化が進展し,海外旅行・海外渡航が一般化したことに伴い,近年,ロングフライト血栓症(エコノミー症候群)やSARS(新型肺炎)など,「旅行」に関連する種々のトピックが注目されるようになった。また慢性疾患(持病)を有する中高年の旅行者が増えているにもかかわらず,海外旅行にあたっての適切な医療サポートがゆきわたっていないため,海外で発病して大きなトラブルになる事例も多数発生している。しかしながら,一般マスコミでは時折紹介記事が掲載されるものの,「旅行医学」の実様は医学界全体の認知度としてはまだ低いのが現状である。
本書は,日本旅行医学会(2002年設立)の企画・編集により,旅行医学で扱う主要なトピックを解説し,旅行医学の必要性・有用性を広く認識してもらうための入門書として企画された。海外旅行者の健康管理や海外で発病・受傷した際の医療サポート等,旅行医学の基本となる項目をQ&A形式で簡潔・平易に解説しており,医師・医療関係者はもちろん,旅行業者,旅行者にとっても有用な一冊である。

序文


目次