HOME > 臨床医学一般/薬物療法 > 小児疾患の身近な漢方治療 11

書籍詳細

小児疾患に対する漢方治療の実際とその応用を具体的に解説した最新実践書

小児疾患の身近な漢方治療 11

[第12回日本小児漢方懇話会記録集]

小児疾患の身近な漢方治療 11
企画・編集 日本小児漢方交流会
定価 4,320円(税込)(本体 4,000 円+税)
B5判  62ページ  
2013年3月25日刊行
ISBN978-4-7583-0486-3
内容紹介
2012年に日本小児漢方交流会により開催された第12回日本小児漢方懇話会の記録集。日本小児漢方懇話会は小児疾患の身近な漢方治療を主題として毎回臨床テーマを取り上げて開催してきた。今回は“小児科漢方の可能性と展望~何ができるのか、何を目指すのか~”をテーマとして,シンポジウム、総合討論で構成されている。
本書のシリーズは,日本小児漢方懇話会の記録集として,小児診療における最新の漢方治療の実際とその応用に至るまでまとめており,小児科医療現場の医師の生の声として極めて実践的な内容となっている。

序文


目次