HOME > 産婦人科 > 胎児心エコー診断へのアプローチ

書籍詳細

各地で催されている「胎児心エコー講座」がさらに詳しく充実し,新たなる書籍として刊行!

胎児心エコー診断へのアプローチ

胎児心エコー診断へのアプローチ
監修 宝田 正志
著者 川滝 元良
定価 5,940円(税込)(本体 5,500 円+税)
B5判  204ページ  2色
2003年12月22日刊行
ISBN978-4-7583-0512-9
内容紹介
著者は小児科医,新生児科専門医であると同時に本邦でも有数の胎児心臓病学,新生児循環器学に造詣の深いスペシャリストでもあり,胎児心エコー検査件数はすでに延べ4,000件を越え約250例の心疾患を胎児診断している。
本書はQ&AのLesson方式により胎児期心疾患診断へのアプローチが理解しやすい構成と内容になっている。また各種心疾患の解剖学的相違による新生児早期の循環動態や生理学的変化に伴う病態,症状などがわかりやすく記述され,一般医療機関の産科医をはじめ小児循環器医,新生児科医,一般小児科医,超音波エコーを担当する検査技師,専門医療機関の看護師等にも手にとりやすいテキストブックである。

序文


目次