HOME > 泌尿器科 > 泌尿器科超音波を使いこなす

書籍詳細

泌尿器科医による,泌尿器科医のための超音波指南書

泌尿器科超音波を使いこなす

泌尿器科超音波を使いこなす
編集
棚橋 善克
千葉 裕
定価 8,640円(税込)(本体 8,000 円+税)
B5判  216ページ  オールカラー,イラスト250点,写真300点
2014年3月20日刊行
ISBN978-4-7583-0569-3
内容紹介
泌尿器科の日常診療で最も汎用される画像モダリティが超音波である。外来での実施が可能であり,腫瘍性疾患から結石,炎症性疾患,血管病変,先天異常,外傷など,幅広く診断が可能である。生検や穿刺にも活用されることから,日常診療で超音波を適切かつ自在に使えることが泌尿器科臨床医には不可欠である。
本書は泌尿器科超音波のエキスパートによる,日常診療で“どのように,有効に超音波を使いこなすか”を解説した手引書である。

序文


目次