HOME > 理学療法士・作業療法士 > 肺の検査と酸素療法

書籍詳細

ガイドライン改訂に合わせて内容を大幅アップ。肺の検査と酸素療法を識るにはまずこの一冊から

楽しく学ぶ

肺の検査と酸素療法

改訂版

肺の検査と酸素療法
著者 宮本 顕二
定価 3,240円(税込)(本体 3,000 円+税)
A5判  224ページ  2色
2007年2月28日刊行
ISBN978-4-7583-0680-5
内容紹介
2002年に本書の初版が刊行されて以降,その基礎となる「呼吸機能検査ガイドライン」および「酸素療法ガイドライン」の改訂版が発行された。それに伴い,初版の内容が現状に合わなくなったため改訂することになった。今回の改訂では,そのガイドラインに準拠して書き改めるとともに,「呼吸筋力の測定」「体プレチスモグラフ」などを追加,また「スパイロメトリー」「血液ガス分析」など従来の項目の内容も大幅にアップした。初版同様,肺の検査(スパイロメトリー,ピークフロー,血液ガス分析ほか)と酸素療法について,図を多用してわかりやすく解説する。難解な理論や計算が多くてとかく敬遠しがちな呼吸器の検査を識るのに絶好の書籍である。
関連するお勧め書籍

序文


目次