HOME > 眼科 > 眼底所見で診る 網膜・ぶどう膜疾患96

書籍詳細

『スリット所見で診る角膜疾患80』の網膜・ぶどう膜バージョン。この2冊を読めば確定診断に自信がつきます!

眼底所見で診る 網膜・ぶどう膜疾患96

眼底所見で診る 網膜・ぶどう膜疾患96
編集
望月 學
飯田 知弘
定価 14,040円(税込)(本体 13,000 円+税)
B5変型判  224ページ  オールカラー,イラスト192点,写真576点
2009年9月25日刊行
ISBN978-4-7583-0738-3
内容紹介
『スリット所見で診る角膜疾患80』の姉妹編。網膜疾患・ぶどう膜疾患で診断することが大切な96の眼底所見(96症例)を取り上げ,「新入医局員や専門医取得前の眼科医が知るべき所見のStandard Course」,「専門医ならば知っておくべき所見のExpert Course」,「専門外来担当医ならば知るべき所見のMaster Course」に分類しており,読者の経験や実力に合わせて読み進めることができる。
初診時の所見2点と受診動機を問題形式で呈示(疑われる疾患は何か? 治療法は何か? など)し,呈示した症例の経過観察の所見,治療後の所見,または鑑別すべき類似所見なども載せ,患者さんを診療する際の手引きにもなる。見開き2頁に1症例(1病態),経過観察順に所見を並べた見やすいレイアウトで,アトラスとしても使えるようになっている。
序文



目次