HOME > 眼科 > 目で診る緑内障・視神経疾患80

書籍詳細

『スリット所見で診る角膜疾患80』『眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96』に続く第3弾! 緑内障・神経疾患の確定診断に役立つ

目で診る緑内障・視神経疾患80

目で診る緑内障・視神経疾患80
編集
山本 哲也
三村 治
定価 14,300円(税込)(本体 13,000 円+税)
B5変型判  192ページ  オールカラー
2010年8月24日刊行
ISBN978-4-7583-0740-6
内容紹介
『スリット所見で診る角膜疾患80』『眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96』の姉妹編。緑内障・神経疾患の中で診断を下すのに重要な80の眼底所見・前眼部所見(80症例)を取り上げ,「新入医局員や専門医取得前の眼科医が知るべき所見のStandard Course」,「専門医ならば知っておくべき所見のExpert Course」,「専門外来担当医ならば知るべき所見のMaster Course」に分類。経験や実力に合わせて読み進めることができる。
初診時の所見2点と受診動機を問題形式で呈示し(疑われる疾患は何か? 治療法は何か? など),解答に相当するところは付録の下敷きで隠しながら解いていくことができる。呈示した症例の経過観察の所見,治療後の所見,鑑別すべき類似所見なども載せ,患者さんを診療する際の手引きにもなる。
見開き2頁に1症例(1病態),経過観察順に所見を並べた見やすいレイアウトで,視神経乳頭のバリエーションが多く,アトラスとしても十分使える一冊。
序文



目次