HOME > 画像医学 > IVR―手技,合併症とその対策

書籍詳細

最先端の「IVR技術」を「手技のポイント」や「合併症とその対策」を中心に詳説した秀逸の1冊!!

IVR―手技,合併症とその対策

改訂版

IVR―手技,合併症とその対策
監修
山田 章吾
高橋 昭喜
編集 石橋 忠司
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
B5判  436ページ  1色,一部カラー
2005年3月22日刊行
ISBN978-4-7583-0829-8
内容紹介
 本書は,IVRのテキストとして1998年4月に初版が刊行されたが,この間にIVR技術も進歩し,「適応範囲の拡大」「新しい手技の確立」それに伴う「治療成績の向上」「新しい合併症対策」など,大きく変貌を遂げている。特にIVRの適応範囲は広がり,「遺伝子治療」「再生医療のIVRへの応用」「子宮筋腫への塞栓治療」「移植医療へのIVR」など,その応用範囲は広がっている。そこで,今回の改訂では,初版の内容に加えて最先端のIVRについて新たに項目を立てて解説するとともに,初版の項目については,臨床の現状に則して加筆・訂正・削除を行っている。また,画像診断装置(X線透視,CT,MRIなど)の性能向上に伴い画像のqualityも格段に上がったことを踏まえ,症例については新しい症例,新しい画像に差替えてある。さらに,昨今,医療事故の増加とその対策が緊急の課題としてあげられているなかで,IVR治療において「インフォームド・コンセント」を得るためには複雑なIVRの手技やリスクを患者に理解してもらう必要があり,今回の改訂ではその点を視野に入れて各項目の最後に「Q & A」方式のページを設け,実際に患者さんに対して説明を行う際に役立つものを提供できるようになっている。

序文


目次