HOME > 画像医学 > 関節MRI

書籍詳細

「関節MRI」の撮り方とコツが一目でわかり,撮像時や読影の際に役立つ画像解剖も充実したアトラス入門書!!

関節MRI

撮像のコツとアトラス

関節MRI
編著 新津 守
著者
新藤 雅司
植野 映子
定価 7,560円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5判  260ページ  2色,写真800点
2006年4月10日刊行
ISBN978-4-7583-0837-3
内容紹介
関節MRI検査が増加する一方で,関節MRIは「ポジショニング」から「コイルの選択」まで多種多様かつ複雑さを増しているのが現状である。本書は,「使用コイルの選択」「ポジショニング(体位)」「スライス面の設定方法」「プロトコルの紹介」「正常解剖画像」に沿って,「関節MRI」の撮像法と画像解剖について簡潔に解説してある。「検査前の準備」や「セッティングのコツ」についても触れ,初学者のために「失敗例からも学べる工夫」も盛り込まれている。「正常解剖画像」においては,「横断像」「矢状断像」「冠状断像」の最低3方向の画像を掲載し,写真中には「略語解剖名」を入れ,写真の下には「略語+欧文名+和名」の一覧を掲載してある。全ての画像に「スカウト像」を配置し,スライス面の位置が簡単に把握できるようになっており,さらに個々の画像にそれぞれ「最適パルス系列」も併記してある。実際の検査で役立つ撮像指南書として,放射線科医はもちろん,診療放射線技師や整形外科医にも有用なアトラスである。

序文


目次