HOME > 画像医学 > 最新 脳SPECT/PETの臨床

書籍詳細

脳機能障害の診断に必要な脳SPECT/PET検査について総合的に学べる唯一の書

最新 脳SPECT/PETの臨床

脳機能検査法を究める

第3版

最新 脳SPECT/PETの臨床
編集 西村 恒彦
編集協力
畑澤 順
松田 博史
定価 8,640円(税込)(本体 8,000 円+税)
B5判  208ページ  オールカラー,イラスト50点,写真90点
2012年3月19日刊行
ISBN978-4-7583-0849-6
内容紹介
脳核医学検査は,「脳機能障害における脳血流・代謝の定量化」や「認知症での統計処理画像」「神経伝達機能の画像化」「アミロイドPET」など脳画像診断においてますます重要な役割を有することが明らかになってきた。
本書は上記を踏まえ,実際のノウハウから最近の進歩まで取り入れ,また多くの症例のSPECT/PET画像を随所に挿入し,脳核医学検査の有用性やどのように使用すればいいのかを丁寧に解説している。
第一線の先生方の協力により,核医学・放射線科などの画像診断関連の医師・技師の先生方や神経内科・脳神経外科・精神科など,多くの脳科学の臨床に興味を持つ先生方にとって,いま必要となる最新の知識を終結した。

序文


目次