HOME > 耳鼻咽喉科 > 内視鏡画像による急性中耳炎・鼓膜アトラス

書籍詳細

急性中耳炎鼓膜所見の新しい診方・とらえ方。急性期病期分類の提案

内視鏡画像による急性中耳炎・鼓膜アトラス

内視鏡画像による急性中耳炎・鼓膜アトラス
監修 森山 寛
著者 上出 洋介
定価 7,020円(税込)(本体 6,500 円+税)
A4判  96ページ  オールカラー,上製,写真429点
2005年9月28日刊行
ISBN978-4-7583-0858-8
内容紹介
中耳炎の治療においては体温や痛みなども大切だが,鼓膜所見を徹底して経過観察していくことが必要である。難治化傾向にある現在の乳幼児急性中耳炎を治療していくうえで,鼓膜所見による評価・判断は予後を決める極めて重要な因子である。
本書は中耳炎の流れの中でとらえる鼓膜の重症度分類案を紹介した。その分類に沿い,20万枚あまりの症例写真の中から同一症例の鼓膜所見を詳細に追跡し列挙していくことで,短期間で治癒する例や長期にわたる例,ゆっくり発症してゆっくり治癒していく過程などに加え,他科の医療者にも理解しやすいよう所見の解説を入れ,鼓膜所見の変遷を理解するのに役立つように構成してある。

序文


目次