HOME > 整形外科 > モーション解剖アトラス 脊椎

書籍詳細

書籍で理解,動画で納得。わが国初の脊椎モーションアトラス

DVDで動きがわかる

モーション解剖アトラス 脊椎

モーション解剖アトラス 脊椎
監修 山下 敏彦
編集


青木 光広
鈴木 大輔
竹林 庸雄
吉本 三徳
定価 27,000円(税込)(本体 25,000 円+税)
i_dvd.jpg
B5判  124ページ  上製,オールカラー,イラスト114点,写真83点,DVD-Video付き
2010年9月28日刊行
ISBN978-4-7583-1037-6
内容紹介
札幌医大解剖学第二講座で製作された「新鮮解剖体を用いたバーチュアル解剖アトラス」をDVDに収録し,組織の「動き」をみながら脊椎・脊柱の手術時のアプローチ,また日常診療,リハビリテーション,運動療法などを行う方法を学ぶためのアトラス。2008年に刊行した「上肢・体幹」,2009年に刊行した「下肢・骨盤」に続く,「モーション解剖アトラス」シリーズ第3作である。
 脊椎は上肢・下肢のいわゆる四肢の関節と比べ可動性は小さいが,身体の支柱となると同時に四肢の運動の根幹をなし,運動器として重要な役割を演じている。また,脊椎には多くの筋肉が複雑に付着しており,それら筋肉をはじめとする組織の動きをわかりやすく表現している。
 書籍では頚部の筋・胸部の筋・神経・骨,腹部の筋,背筋・脊柱起立筋,脊椎,腰神経叢・仙骨神経叢の解剖,機能解剖について説明し,さらには実際の臨床への知識の応用が図れるような内容となっている。動画に収載した各CLIPごとに「ベストモーション」画像を大きく掲載,さらに「エクストラモーション」画像とそれぞれの画像に連動したシェーマで,動画の内容を詳しく解説している。そして各CLIPで扱った部位の解剖,機能解剖,また臨床への応用についても詳説。単なるビデオ解説書にとどまらない「脊椎アトラス」としても満足できる内容である。
序文


目次