HOME > 理学療法士・作業療法士 > からだの機能と運動療法 下肢・骨盤

書籍詳細

下肢・骨盤の骨・筋・腱・神経は皮下でどのように動いているの? 書籍と動画で一目瞭然!

解剖からアプローチする

からだの機能と運動療法 下肢・骨盤

からだの機能と運動療法 下肢・骨盤
編集
内山 英一
青木 光広
定価 7,020円(税込)(本体 6,500 円+税)
i_dvd.jpg
B5判  184ページ  オールカラー,イラスト300点,DVD-Video付き
2014年1月14日刊行
ISBN978-4-7583-1048-2
内容紹介
2013年3月に刊行された『からだの機能と運動療法 上肢・体幹』の下肢編。全体は5つのCLIPで構成されており(1.足部・足関節,2.膝関節,3.股関節,4.腰椎・骨盤,5.下肢の神経),CLIP1〜4はさらに「筋による運動制御」「骨・関節による運動制御」「運動療法」に分かれて解説されている。全ページがイラスト中心になっているので,読んで理解するというよりも,見て理解するといった感が強い。
DVDでは,下肢の伸展・屈曲,外旋・内旋,外転・内転という動きにより,骨・筋・腱・神経が実際に皮下ではどのように動いているのかが一目瞭然である。下肢・骨盤の解剖を見る機会がなくても,本書があれば,ビジュアルな動きが理解できる。
リハビリテーションや視診・触診に携わる医療従事者の必見書である。
序文


目次