HOME > 眼科 > 新ES NOW 8 糖尿病網膜症治療最前線

書籍詳細

症例に応じた治療でよりよい術後視力をめざした糖尿病網膜症治療のための手術書

新ES NOW 8

糖尿病網膜症治療最前線

治療アプローチとテクニック

糖尿病網膜症治療最前線
担当編集委員 門之園 一明
定価 13,200円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4変型判  152ページ  オールカラー,イラスト240点,写真75点
2011年10月28日刊行
ISBN978-4-7583-1082-6

■編集委員
山本哲也/江口秀一郎/ビッセン宮島弘子/門之園一明

内容紹介
糖尿病網膜症の各症例に応じたレーザー治療,硝子体手術を,豊富なイラストで解説した手術書。
前半では,糖尿病網膜症の最前線の治療について,外来で行うレーザー光凝固と手術室で行う硝子体手術にわけ,さらに硝子体手術のなかで「糖尿病黄斑浮腫」「増殖糖尿病網膜症」「再手術」の3つに分類し,症例ごとに術式を解説している。
後半では,糖尿病網膜症に対する手術の際に使用される器械,器具使用における具体的なテクニックと,手術に必要な糖尿病の基礎・臨床・検査方法・インフォームドコンセントまで,内科医の執筆も織り交ぜながらやさしく解説している。
序文



目次