HOME > 眼科 > 視神経乳頭・視野でみる緑内障確定診断

書籍詳細

緑内障を確実に診断するため,乳頭・視野・OCTを正確に読み取る診断ポイントを明らかにした書

視神経乳頭・視野でみる緑内障確定診断

視神経乳頭・視野でみる緑内障確定診断
編集
杉山 和久
富田 剛司
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
B5変型判  168ページ  オールカラー,写真280点
2015年8月24日刊行
ISBN978-4-7583-1097-0
内容紹介
緑内障の視神経乳頭は,面積・陥凹・リムなどの形状,網膜神経線維層の変化,視神経乳頭出血の部位,乳頭周囲脈絡網膜萎縮の状態など多種多様な病状,病型を呈している。いまでは視野やOCTなど診断機器の精度があがり,乳頭所見と結果を組み合わせることで,正確な診断を行うことが可能となっている。しかし,正確に所見の特徴をみつけるためには検査結果を読み取るコツやポイントがあり,それを理解することが重要である。
本書は乳頭の形状の特徴ごとに項目を組み立て,数多くのバリエーションで掲載。乳頭とともに視野,OCT所見も組み合わせて呈示,その画像1つ1つにコツやポイント付記し,緑内障診療経験の少ない初心者でも病巣を見逃さないための手引書となっている。
序文


目次