HOME > 理学療法士・作業療法士 > 急性期呼吸理学療法

書籍詳細

急性期の呼吸ケアに携わる理学療法士必携の臨床ガイド

臨床アプローチ

急性期呼吸理学療法

急性期呼吸理学療法
編集

高橋 仁美
神津 玲
山下 康次
定価 4,320円(税込)(本体 4,000 円+税)
B5変型判  308ページ  2色(一部カラー),イラスト136点,写真146点
2010年9月28日刊行
ISBN978-4-7583-1130-4
内容紹介
呼吸障害は呼吸器疾患だけでなく広範な疾患で起こりうる。呼吸障害を未然に防ぎ,また早期離床を目指すため,呼吸理学療法は急性期の人工呼吸管理下でも行うようになってきており,その重要性は高まる一方である。
ICUや病棟の急性期など特にリスクの高い状況でも,呼吸機能の回復を図るため,できるだけ早期に呼吸理学療法を開始するべきである。しかし術直後は麻酔の影響,不安定な全身状態,痛み,手術創,チューブ,ドレーンなど数多くの要因により,単なる体位排痰法や呼吸練習だけでは対応できない状況が多い。
本書はこの急性期呼吸理学療法について,臨床で活用できる知識と手技を網羅した。多職種との連携も視野に入れ,各項の冒頭には要点をまとめたほか,囲み記事「今すぐできる」「注意しよう」「ステップアップしよう」を設け,初学者でも注意すべき点やコツがわかる紙面となっている。
一部手技など,重要度の高い内容については写真をカラー掲載した。
関連するお勧め書籍

序文


目次