HOME > 理学療法士・作業療法士 > 機能解剖学的触診技術 上肢

書籍詳細

運動器リハビリテーションのための必携『触診技術』,待望のオールカラー改訂第2版!

運動療法のための

機能解剖学的触診技術 上肢

改訂第2版

機能解剖学的触診技術 上肢
著者 林 典雄
監修 青木 隆明
定価 6,156円(税込)(本体 5,700 円+税)
B5判  376ページ  オールカラー,イラスト450点,写真660点
2011年12月22日刊行
ISBN978-4-7583-1136-6
内容紹介
運動器リハビリテーションに関わるすべてのセラピストに欠かせない触診技術を,機能解剖とともに詳解する『運動療法のための 機能解剖学的触診技術』,待望のオールカラー改訂第2版。絶大な支持を得た初版に超音波解剖など最新の知見を反映し,フルカラーの写真とイラストで,より見やすく・わかりやすくなった。初版比60ページ以上のボリューム増でさらにパワーアップした,『触診技術』決定版。
本『上肢』は,「I 触診の基本」「II 骨」「III 靱帯」「IV 筋」の全4章で構成している。I章ではこれから触診,運動療法を学ぼうとする初学者のために“肢位”“運動の面・軸方向”,また“指のあて方”など,触診に必要な基本的知識を解説した。II章以降は「骨」「靱帯」「筋」の3章に分け,それぞれ部位ごとに触診に必要な“解剖学的特徴”“機能の特徴”などを,各項目の冒頭に箇条書きにしてまとめ整理。フルカラーのイラスト・写真を用いて,触診に必要な機能解剖の知識,およびその知識に基づく触診技術が身につくよう,詳しく解説した。さらに臨床に役立つ知識を盛り込んだコラム“Skill Up”を適宜設け,徒手検査法や疾患の知識を解説。現場の理学療法士・作業療法士にも役立つ内容となっている。
序文


目次