HOME > 消化器外科 > 腹腔鏡下消化器外科手術 標準手技シリーズ 4 肝臓・脾臓

書籍詳細

イラストでみる,腹腔鏡下消化器手術の決定版

腹腔鏡下消化器外科手術 標準手技シリーズ 4

肝臓・脾臓

肝臓・脾臓
編集 若林 剛
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
A4判  152ページ  オールカラー,イラスト200点,写真100点
2015年7月21日刊行
ISBN978-4-7583-1164-9

■編集主幹
北野正剛

内容紹介
イラストで腹腔鏡下消化器外科手術の基本を学べるシリーズ,部位別全4冊。侵襲が少なく,消化器外科手術で主流となっている腹腔鏡下手術は,開腹手術とは視野も手技も異なり,安全かつ確実な手術のために,術者には一定の技術が求められる。
本巻では,肝臓・脾臓の腹腔鏡下手術を取り上げ,術前管理から術後管理まで一連の手術の流れに沿って,助手が行うべき手技も含めて,手術場面ごとにポイントを解説。「標準的手技」や「基本手技」をしっかり押さえて,安全かつ確実な腹腔鏡下手術を行うための手術書の決定版!

序文


目次