HOME > 消化器内科 > Visual 小腸疾患診療マニュアル

書籍詳細

小腸疾患の画像が満載! この1冊で小腸の診療がまるわかり

画像と流れで理解できる

Visual 小腸疾患診療マニュアル

診療のポイントとコツ

Visual 小腸疾患診療マニュアル
監修 山本 博徳
編集

山本 博徳
砂田 圭二郎
矢野 智則
定価 8,640円(税込)(本体 8,000 円+税)
B5判  256ページ  オールカラー,イラスト70点,写真350点
2011年10月18日刊行
ISBN978-4-7583-1171-7
内容紹介
暗黒の臓器と呼ばれる小腸は,カプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡などの技術の進歩により診断が可能となり,多くの小腸疾患が発見され,病態の解析が進んでいる。
そこで,本領域のエキスパートの先生方が,全項目に最新の知見を盛り込み,診断の項目では,画像検査と3種類の内視鏡検査について解説し,疾患の項目では,小腸疾患の診断から治療までの流れを8個のブロックで区切って解説した「サマリーマップ」を用いて懇切丁寧に解説した。さらに本書の特徴として,画像を豊富に掲載し,ビジュアル面に特化した。
まさに,小腸疾患の診療に携わる全ての医師の診療のバイブルといえる。

序文


目次