HOME > 脳神経外科 > 脳神経外科学 必修講義

書籍詳細

脳神経外科の基本を無理なく理解でき,臨床に活かせる知識を随所に網羅した医学生必携の教科書

脳神経外科学 必修講義

改訂版

脳神経外科学 必修講義
著者 松谷 雅生
定価 6,600円(税込)(本体 6,000 円+税)
B5変型判  212ページ  2色(一部カラー),イラスト97点,写真300点
2010年2月26日刊行
ISBN978-4-7583-1185-4
内容紹介
脳神経外科を最初に学ぶ医学生に,脳神経外科で扱う疾患の病態を理解してもらう目的でまとめた書籍の改訂版である。病態を理解してもらうという点では脳神経外科の初級本であるが,画像・病理診断の解説なども盛り込まれており,脳神経外科の臨床研修でカンファランスに出席した際にそこで討議される鑑別診断が理解できる内容まで記載し,上級までの知識も含まれている。疾患の理解を目的の第一とした本書は,これから脳神経外科を学ぶ医学生にはもちろんのこと,脳神経外科の専門医をめざそうとする若手の医師も十分に読んで学べる書籍である。
序文



目次