HOME > 脳神経外科 > NS NOW No.15 傍鞍部病変の手術

書籍詳細

複雑な傍鞍部の解剖をおさえて手術を学べる1冊

NS NOW No.15

傍鞍部病変の手術

ここの病変こそ,解剖が手術の生命線

傍鞍部病変の手術
編集 塩川 芳昭
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
A4判  220ページ  2色(一部カラー),イラスト150点,写真40点
2011年7月29日刊行
ISBN978-4-7583-1194-6

■編集委員
寺本 明/新井 一/塩川芳昭/大畑建治

内容紹介
傍鞍部には,脳神経,内頚動脈,海綿静脈洞など生命にかかわる組織が集まっており,さらにその構造は複雑である。そのうえさまざまな病変が好発する部位でもあるため,その解剖を理解することは重要であり,手術を行う上で欠かすことができない。
本書では,内容を大きく「解剖」「画像診断と周術期管理」「血管病変」「腫瘍」の4つに分け,傍鞍部に関係する事象を広く取り上げた。本書を読むことでより安全・確実な手術につながる内容となっている。
序文


目次