HOME > 脳神経外科 > NS NOW No.16 機能的脳神経外科手術の基本

書籍詳細

機能的疾患に対する手術の基礎から最新治療まで学べる実践書

NS NOW No.16

機能的脳神経外科手術の基本

コツと注意点

機能的脳神経外科手術の基本
編集 新井 一
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
A4判  164ページ  2色(一部カラー),イラスト100点,写真40点
2011年10月28日刊行
ISBN978-4-7583-1195-3

■編集委員
寺本 明/新井 一/塩川芳昭/大畑建治

内容紹介
No.16では「機能的脳神経外科手術」と題し,機能的疾患に対する手術を取り上げる。機能的疾患は器質的疾患と異なり,外科的手術が必ずしも完治につながるものではなく,手術適応も慎重な検討がなされる。本書では機能的脳神経外科全般を包含するように大きく4つのテーマに分け,そのなかでも特に重要と思われる手術術式や治療法を取り上げている。
I章は「不随意運動」とし,パーキンソン病やジストニアに対する定位脳手術を,II章は「難治性疼痛」とし,神経障害性疼痛,三叉神経痛に対する治療を取り上げている。III章,IV章はそれぞれ「痙縮」「てんかん」とし,代表的な外科治療につき紹介している。
また,機能的脳神経外科手術を行うにあたり重要な神経生理学的知識や刺激電極などの独特な機器などについても解説している。
専門施設で行われることが多い領域の手術であるが,本書を読めば最先端の治療法や各施設での実際の手技を学ぶことができる。
序文


目次