HOME > 脳神経外科 > NS NOW No.20 ワンステップ上をめざした脳動脈瘤手術

書籍詳細

大型動脈瘤や再発例など,治療困難な脳動脈瘤への対処法がよくわかる1冊

NS NOW No.20

ワンステップ上をめざした脳動脈瘤手術

この技術を身に付けたい

ワンステップ上をめざした脳動脈瘤手術
編集 塩川 芳昭
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
A4判  200ページ  2色(一部カラー),イラスト100点,写真60点
2012年10月25日刊行
ISBN978-4-7583-1199-1

■編集委員
寺本 明/新井 一/塩川芳昭/大畑建治

内容紹介
No.20では「ワンステップ上をめざした脳動脈瘤手術」と題し,術中破裂や大型動脈瘤など手技が困難化する「要因別」と,動脈瘤の「発生部位別」の2つに着眼点を分けて解説している。本シリーズでは,No.1「基本的テント上脳動脈瘤手術」において,動脈瘤手術の基本を取り上げたが,今号はその応用編として特に治療困難な症例を中心に述べている。
脳動脈瘤に対しコイルなど血管内治療が行われる症例が増えているが,瘤の性状,発生部位,コイル塞栓後の再発など,むしろ直達手術のほうが低侵襲に手術を終えることができる症例も存在し,その手技を学ぶことは大切である。
1章では,術中破裂や重症くも膜下出血,また大型,広頚,血栓化動脈瘤などの手術難度の高いものについて紹介している。また,穿通枝の温存やバイパス手術など,患者に重篤な症状が残存する合併症を防ぐための具体的方法についても述べている。また,脳動脈瘤は解剖学的特徴からその発生部位がほとんど決まっているため,2章ではその発生部位別の手術について,具体的な症例を提示しながら解説している。
血管内治療が増え,限られた症例数で直達手術の学ばなければならないなか,本書を読む事で,手術の手順や方法などの「引き出し」を増やすことができる1冊である。
序文


目次