HOME > 産婦人科 > OGS NOW 11 子宮筋腫 こんなときどうする?

書籍詳細

大きさ,発症部位により難度が大きく異なる子宮筋腫のなかで特に難度の高い症例を中心に解説

OGS NOW 11

子宮筋腫 こんなときどうする?

叡智を結集して安全手術

子宮筋腫 こんなときどうする?
担当編集委員 平松 祐司
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4判  148ページ  オールカラー,イラスト100点,写真100点
2012年8月3日刊行
ISBN978-4-7583-1210-3

■編集委員
平松祐司/小西郁生/櫻木範明/竹田 省

内容紹介
子宮筋腫は女性に好発する良性腫瘍であるが,発症する部位や大きさ,妊娠の有無などによって難度は大きく異なってくる。本巻では,子宮筋腫のなかでも,今まで取り上げられていない巨大筋腫や多発性筋腫,また帝王切開時の筋腫への対応など,難度の高い手術を中心に解説している。手術の難度が高くなると出血や合併症の発症が重要な問題となるが,本書ではいかにしてそれらを軽減するか,各エキスパートが実際に行っている“コツ”や“注意点”を交えて具体的な症例を提示しながらわかりやすく紹介している。
また,手術方法も開腹手術と腹腔鏡下手術に分け,両者の比較や腹腔鏡の限界などについても述べている。
子宮筋腫は遭遇することの多い疾患であるが,その病態は多種多様である。本書は,幅広い子宮筋腫の手術に対応する事ができる1冊である。
序文



目次