HOME > 産婦人科 > OGS NOW 12 子宮内膜症,子宮腺筋症 こんなときどうする?

書籍詳細

産婦人科医として必ず知っておきたい「子宮内膜症」「子宮腺筋症」の手術について,エキスパートが詳細に解説

OGS NOW 12

子宮内膜症,子宮腺筋症 こんなときどうする?

難易度の高い手術を安全,確実に行うための基本手技マスター

子宮内膜症,子宮腺筋症 こんなときどうする?
担当編集委員 櫻木 範明
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4判  152ページ  オールカラー,イラスト100点,写真100点
2012年11月2日刊行
ISBN978-4-7583-1211-0

■編集委員
平松祐司/小西郁生/櫻木範明/竹田 省

内容紹介
No.12では子宮内膜症,子宮腺筋症を取り上げている。
経験豊富な術者による“手術のコツと注意点”を中心に,豊富なイラストでわかりやすく解説しており,手術手技の向上に役立つ1冊である。
本疾患は不妊の原因となったり,また強い月経困難症,慢性骨盤痛を生じさせて,女性のQOLを大きく損う疾患であり,従来,根治的治療は子宮全摘術および両付属器摘出術とされてきたが,生殖年代の女性に多く発症するため,近年では保存的治療が必要とされることも多い。本書は産婦人科医にとって注目すべき疾患である子宮内膜症,子宮腺筋症の手術法を,ニーズに合わせてさまざまなアプローチで紹介しており,経験を積んだ医師にとっても,非常に有用な書籍となっている。
序文



目次