HOME > 泌尿器科 > 新Urologic Surgeryシリーズ 6 尿路変向・再建術

書籍詳細

患者のQOLに深く関わる尿路変向・再建術,その多様な術式を詳解

新Urologic Surgeryシリーズ 6

尿路変向・再建術

尿路変向・再建術
担当編集委員 中川 昌之
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4判  180ページ  オールカラー,イラスト300点,写真40点
2010年2月26日刊行
ISBN978-4-7583-1255-4

■編集委員
松田公志/中川昌之/冨田善彦

内容紹介
泌尿器科臨床医にとっては,膀胱全摘除術後の尿路の変向・再建術の施行は必須であり,その手技の習得に努めなければならない。患者のQOLに深く関わる手術であり,術式も多様である。本書は腸管手術の基本手技から尿管の形成・再建術まで幅広く取り上げ,多様な術式を精緻なイラストで解説するものである。これから手術を施行していく若い泌尿器科医は勿論のこと,既に多くの手術を施行している泌尿器科医まで,大いに活用していただける書籍である。

序文


目次